社員インタビュー

高木 友理子

2016年入社

研究開発センター
研究企画統括部 知的財産部
理学系研究科
生物科学専攻

東芝が優れた技術を世に出せるように
意識して業務に取り組んでいます。

 私の所属している研究開発センターの知的財産部は、研究開発成果の知的財産に関する管理業務を行っています。その中で、私は主に太陽電池や二次電池に関する特許の権利化業務を担当しています。

 研究開発センターでは東芝の根本を支える技術開発をしています。特に太陽電池や二次電池は、昨今注目されているカーボンニュートラルを実現するうえで社会的に高い関心を得ている技術分野です。このような社会課題を解決する優れた技術であっても、特許として権利が取れなければ東芝の発展と、社会に貢献するという2つの目標を達成することができません。そのため、東芝が優れた技術を世に出せるように、権利範囲などを意識して業務に取り組んでいます。

 この仕事をしていると、研究者の生の声を間近で聞くことができます。また、社会課題の解決のための技術に関われるので、それらがテレビや新聞で注目技術として取り上げられるのをみると嬉しいですし、自分がその技術を社会実装するために必要な業務を行っているという実感が強くなり誇らしいです。