NEWS

2021.07.12 2022年新卒採用の応募受付は終了しました。

東芝グループは、「人と、地球の、明日のために。」を経営理念の主文に掲げ、社会インフラなど幅広く事業を展開しています。

製造業として培ったフィジカル技術と、AIなどのサイバー技術を融合した、サイバー・フィジカル・システムを駆使して、気候変動などの社会課題や顧客の課題解決に貢献しています。

脈々と受け継がれるベンチャースピリットを胸に、新しい未来を始動させます。

輝く明日を創る覚悟はあるか

誰も見たことがない時代は突然にやってきた。

先が見えない不安を誰もが抱えている今。

でもそんな時こそ、新しいものを生み出すチャンス。

東芝が事業を興した明治時代も、まさに日本が大きく生まれ変わろうとしている真っただ中でした。

創業時から受け継がれる私たちの発想の原点は、どんなときも「こんな社会をつくりたい」という未来への想い。

それを実現するのは、私たち一人ひとりに宿る、誠実であり続けるという姿勢と、それを叶えたいという情熱。 

発想力でこれまでの常識を打ち破り、技術力でエネルギーやデジタルなど、世の中全体の仕組みを変えていく。

大切なのは、世界のピンチをチャンスに変えていく力。ダイナミックな課題への挑戦と新しい未来が、あなたを待っています。

「世界を、止めるな。」コーポレート広告

二人の創業者による東芝の歴史

まずは、東芝について知ってほしい

脈々と受け継がれるベンチャースピリットを胸に、創業時から培ってきた発想力と技術力を結集して、複雑化・深刻化する社会課題に立ち向かう。

東芝が、どのような日本初・世界初を生み出し、「グリーン」と「デジタル」というビッグトレンドのなか、どこへ向かおうとしているのか、ご紹介します。

 

私たちの事業領域

東芝グループは、発電、上下水道、鉄道などのインフラ、電子デバイス、デジタルなど約20の事業体から構成され、幅広い領域で社会に貢献しています。永年にわたり培った製造業でのフィジカル技術と、AIなどのサイバー技術を駆使して、社会と顧客が直面する課題に挑む舞台裏を、ご紹介します。