ダイバーシティ&インクルージョンの推進

ダイバーシティ&
インクルージョンの推進

Diversity and Inclusion

ダイバーシティ&
インクルージョンの推進

 東芝グループでは、ダイバーシティ&インクルージョンの推進を経営戦略と位置づけています。世界の変化を先取りし、内外の多様性を活かしながら未来に向けて発展し続けるためには、性別・年齢・国籍の違いや障がいの有無といった属性の違いだけではなく、個々人の性格・価値観などの様々な違いを持つ多様な人材が、異なるアイデアを出し合うことによって生まれるイノベーションが重要だと考えています。東芝グループでは、すべての従業員が活躍できる環境・風土の実現を目指し、さまざまな活動を行っています。

外国籍社員79名*
が在籍​

インタビュー画像1

*電機サービス
センター除く​
(2020年度実績)

新卒女性採用目標​

インタビュー画像1

事務系50%以上​
技術系25%以上

障がい者法定雇用率​
2.3%*以上を維持​

インタビュー画像1

*電機サービス
センター除く​
(2020年度実績)

LGBT+に対する配慮と
理解促進

インタビュー画像1

働き方インタビュー

それぞれのステージで制度をうまく活用しながら活躍する社員の声とともに
関連する勤務制度、福利厚生、教育制度についてもご紹介します。

森口 美紅

#女性活躍推進
#若手技術者育成

石塚 美和

#女性活躍推進
#両立支援

大島 友子

#女性活躍推進
#両立支援