平野 由紀子 仕様抽出技術

複雑なソースコードを、自動で図式化して解き明かす

ソフトウェアエンジニアリング技術部

平野 由紀子

現在、ソースコードからシステム仕様を図式化して自動抽出する技術の開発に取り組んでいますが、この開発が始まったのは、あるお客さまの相談がきっかけでした。そのお客様は、車載製品の新製品開発を進められていましたが、基本となるシステムのドキュメントが古く、ソースコードのどこを利用し、どの部分を書き換えればいいのか判断できない状況だったのです。そこで誕生した仕様抽出技術のチームに参加し、“迷路のようなソースコードの内容を自動で図式化して解き明かす“ための技術開発に取り組みました。具体的にはソースコードの内容を解析する独自ツールを開発して解析結果を図形でマッピングする技術を実現し、さらにマッピングした図形から内容を自動で判断し、不要部分を削除して重要なところだけを抽出する技術の開発も担当しました。

こうして確立した一連の技術は、時代の先駆けとなる画期的なもので、お客様へのソリューション提供とともに、技術特許も取得でき、技術やツール開発の達成感と共に、研究者としての喜びも実感することができました。

また、仕様抽出の技術開発に加えて、東芝グループ内のソフトウェア開発部門向けに、開発支援ツールの導入、および導入後に効果的に活用してもらえるよう技術サポートも行っています。さらに、ソースコードから仕様を抽出するだけでなく、抽出した図形の操作によって直接モノづくりに貢献できる技術も目指しています。

関連する研究領域