生産技術センター

東芝の研究開発・技術

コア生産技術

機械構造・製造技術

製造性を考慮した製品構造の設計技術、設計の自由度を向上させる革新的製造技術を開発し、先端製品に適用しています。
数値解析、信頼性、3Dプリンタ、精密加工、金型・成形など、設計・製造技術の研究開発に取り組んでいます。

[イメージ] 機械構造・製造技術

機械設計・信頼性技術開発

製品の最適な構造や製造プロセスを実現するために、構造、熱・流体、振動・騒音などの最新のシミュレーション技術や、疲労・クリープなどに対する長期信頼性評価技術、構造体の形状を最適化するためのトポロジー最適化技術を開発しています。また、連成解析手法の開発にも取り組んでおり、洗濯機の騒音解析の事例があります。

[イメージ] 粒子法によるレーザー溶接の流体解析

粒子法によるレーザー溶接の流体解析

[イメージ] 繊維配向解析と疲労試験

繊維配向解析と疲労試験

[イメージ] 構造体のトポロジー最適化析

構造体のトポロジー最適化

[イメージ] 洗濯機の磁場-構造-音響連成解析

洗濯機の磁場-構造-音響連成解析

部品製造プロセス開発

エネルギー・インフラ等の大型機器から小型の情報機器に至るまで、高精度部品の製造には加工・成形技術が欠かせません。近年、部品品質向上への要求は高まっており、加工プロセスにおいて、工具・被削材・金型で瞬時に発生する異常を捉えるモニタリング技術の高度化に加え、その原因を即座に分析、フィードバックすることが求められています。将来の姿として、センシングデータや製品の出来栄え等の膨大な情報を学習し、ものづくりを行いながら品質を保証する、独自の製造IoT、CPS技術の開発に挑戦しています。

[イメージ] 高精度加工・成形部品

高精度加工・成形部品

[イメージ] 加工プロセスのモニタリング

加工プロセスのモニタリング

[イメージ] 射出成形の品質モニタリング・制御

射出成形の品質モニタリング・制御