工場・プラントの施設・設備情報をデジタル化し、
保全業務の効率化と省エネ運転を実現するIoTクラウドサービス

東芝グループが長年、社会インフラや産業の分野で培ってきた運転・保守の知見より開発した「アセット統合データ基盤」を搭載し、施設管理の様々なデータの活用を実現する工場・プラント向けクラウドサービスです。
昨今、労働人口の減少やエネルギーの高騰、カーボンニュートラル(脱炭素)への対応が求められていますが、Meister OperateXは一連の設備の稼働データをIoTの技術で収集・蓄積し、稼働状態を様々な角度から見える化することで、コスト削減や省エネを意識した設備の運転計画の立案や、動力の安定供給を実現します。
また、工場やプラントで働くオペレーターの日常業務においても、遠隔からリアルタイムな稼働状態を監視したり、事前に異常の予兆を検知し、設備が故障する前にメンテナンスを可能にします。さらに、点検業務のレポート作成を自動化するなど、定型作業の大幅削減と効率化を実現し、保全作業者のコア業務へのシフト化に貢献します。

予防保全による
設備の安定稼働

動力コストの最適化

保全業務の高度化・
コア業務へのシフト

特長

遠隔集中化管理による施設・設備運用保守業務の高度化

  • 世界中の拠点を跨ぐ、拠点・設備の稼働状況のモニタリングが可能
  • エネルギー利用計画・実績情報を活用し、エネルギーの最適化に寄与
  • 現場機器・設備へのリモートログインやソフトウェア更新が可能

収集データを様々な角度で
可視化

  • 施設設備の見える化
    • デバイス表示
    • デバイス状態表示
    • イベントレコード
    • イベント一覧
  • 動力情報の見える化
    • プロセスフロー
    • 動力トレンド管理
  • よりグラフィカルな見える化画面構築部品

AI分析やBI・帳票作成ツールと連携し、価値あるデータを提供

  • 演算出力レポート機能により、利用者向けにKPIの情報や故障予兆といったデータ提供サービスが可能
  • 現場帳票ソリューション「i-Reporter」とのデータ連携
  • 他の分析エンジン(AI等)とのデータ連携機能により、分析結果を取り込んだ表示が可能
  • APIの提供によりMicrosoft Azureのサービスなどと容易に連携が可能

動画視聴・資料ダウンロード

商品ご紹介映像やセミナー動画の視聴と、カタログなどの資料ダウンロードができます。

Meister OperateX ご紹介映像


設備の運用・保守におけるデジタルトランスフォーメーション

ものづくりのデジタルトランスフォーメーションの新たな波は、製造現場を支える工場設備の運用・保守のありかた、そして設備メーカーの事業領域にも革新をもたらします。
製造機械・設備全体を多角的にモニタリングし、生産計画に応じた安定稼働と最適運転の実現についてのご紹介映像です。是非ご覧ください。

(動画:3分29秒)

セミナー視聴・ホワイトペーパー


さらに詳しい情報は、ホワイトペーパーや商品紹介ミニセミナーをご参照ください。(詳しくは以下をクリック)

※本ホワイトペーパーは、「潤滑経済2020年4月号」に掲載された内容です。詳しくは、ジュンツウネット21アクセスください。

商品概要・リーフレット


Meister OperateXの商品の特長やサービスについてご覧にいただけます。

※クリックするとフォームが立ち上がります。お申し込みいただいたお客様の個人情報は、暗号化され保護されます。

関連リンク

【新機能】 Meister OperateXは、Industrie4.0が提唱する
「アセット管理シェル(Asset Administration Shell)」に対応しました