物流関連技術

物流業界の課題を解決する、東芝のテクノロジー

これからの物流のカタチ

生産労働人口の減少、EC拡大、さらに新型コロナウィルスの影響は物流・流通業界にも押し寄せています。これからの物流を考えながら、私たちは拡張性・可用性・柔軟性のあるテクノロジーを研究しています。

拡張性
可用性
柔軟性

あやつり™制御技術

既存設備を改造なしで、後付けコントローラがVGA、DVIの信号から装置画面データを取得し、装置状態を確認しながらユーザインターフェース信号を生成し、装置操作を自動化。

制御技術の仕組み

制御技術の仕組み

標準パッケージイメージ

標準パッケージイメージ

こんな現場をカタチづくります

新しい設備導入時に後付けコントローラーを介在させることで、既設システムの改造や人の介在なしで連携を可能とします。

before

導入前イメージ

ロボット・マテハン設備への作業者による入力

after

導入後イメージ

後付けコントローラーで人力作業を自動化

多関節アーム力制御技術

多軸ロボットのアームを正確に動かすだけでなく、商品の積まれ方、積み方に応じてアームを器用に動作させるための力覚センサーを使ったアーム制御技術。

(YouTubeを表示)

多関節アーム力制御技術 動画

技術概念図

技術概念図

こんな現場をカタチづくります

ロボットで単純に色々な商品を箱に入れるだけでなく、商品の形状に合わせて荷物を詰め込むことが可能です。これにより収納率をアップし、トラック輸送の効率を向上を図ります。

before

導入前イメージ

ロボットで小さな荷物を扱うと、
荷物の隙間が空いてしまう

after

導入後イメージ

ロボットが状態を見ながら、
隙間なく積み付け

かご台車搬送技術

レーザーで周囲状況を認識する自律移動エンジンとかご台車半荷重制御による搬送技術により、かご台車を安定した状態で搬送。

(YouTubeを表示)

かご台車搬送技術 動画

かご台車搬送用AGV

かご台車搬送用AGV

こんな現場をカタチづくります

ロボットにかご台車の搬送を任せることにより作業者の負担軽減、かつ少ない人数で作業が行え、生産性の向上が図れます。

before

導入前イメージ

かご台車の搬送が作業者の大きな負担に

after

導入後イメージ

自律移動で安全に自動搬送

ロボット運行管理技術

複数の搬送ロボットに対して運行計画を生成・指示し、運行計画に基づいて搬送ロボットの走行を監視・制御。

現場での荷物搬送作業(イメージ)

現場での荷物搬送作業(イメージ)

ロボット稼働状況一覧画面

ロボット稼働状況一覧画面

ロボット稼働状況詳細表示画面

ロボット稼働状況詳細表示画面

こんな現場をカタチづくります

複数のロボット・複雑な作業を効率よく制御し、生産性の向上を図ります。

before

導入前イメージ

複数ロボットの連携制御は複雑なため、
専門的な知識が必要

after

導入後イメージ

専門技術が無くても、複数のロボットを制御

現場の様々なニーズに応える東芝のWES​

人とロボットが協働するロボット運用プラットフォームにより、物流倉庫での人手不足を解消。

WES※1とは

メーカ、種類の区別なく、どんなロボットもまとめて制御し、「人とロボットの共同作業」を可能とするシステムです。

※1 倉庫運用システム(Warehouse Execution System)

WES(倉庫運用システム)が
データに基づいてロボットと人間に作業を
振り分け

サイバー(最適化エンジン)・フィジカル(ロボット)の
両方が提供できる東芝のWES

こんな現場をカタチづくります

WESにより稼働率向上(夜間稼働等)、人員最適化、在庫の適正化、配送リードタイム短縮が可能となり、お客様の投資効果向上に貢献します。

before

導入前イメージ

人手の作業をそのままロボットに
置き換えることが困難

after

導入後イメージ

ロボット技術の進化に応じた
拡張性ある自動化が可能