TrueLine® は輸送計画業務の
効率化を実現

 アナログ作業を効率化したい

 仕事が煩雑で改正時期は特に忙しい

 システムを使いこなせるか不安

 コストが気になる

このような課題をスマートに解決する、
輸送計画ICTソリューション TrueLineをご紹介します。
業務効率化によって削減した労力は、よりよい商品の検討に向けることができます。


輸送計画の基本機能を
一つのパッケージにしたTrueLine®

TrueLineは世界の鉄道/軌道/新交通/バス事業者様の輸送計画を効率化する、短期間・安価で導入可能な東芝のクラウドサービスです。
業務ごと、部署ごとに分断されていたデータを一元管理し、シームレスな業務間連携を実現します。 また、世界標準の輸送計画手法で新設計され、31ヶ国語に対応したグローバルシステムです。 こだわりのサービスと高いユーザビリティで良質な輸送計画検討業務を支援します。

TrueLine® が選ばれる4つの理由


業務の効率を大幅に改善

TrueLineは様々な条件を想定した運転曲線を素早く出力できます。省エネ運転の検討も具体的な数値で確認できるので便利です。
条件を設定するとダイヤのチェックや行路の自動接続も行え、確認漏れや単純作業からも解放。
作成したデータはPDFやXML形式のデータで出力できるので、再加工し二次展開に役立ちます。

ダイヤ作成も直感的操作で使いやすい、
自慢のインターフェース

手書き感覚の入力に加え、パズルのような画面デザインにより直感的な操作を実現しました。
専門家でないユーザーでも、複雑な輸送計画業務を短時間で正確にこなせます。
TrueLineならダイヤ作成等の複雑な業務も、直感的操作でさくさく進むので作業の効率化が図れます。
インターフェースにこだわった結果、輸送計画ICTソリューション TrueLineはグッドデザイン・ベスト100に選出され、特別賞「未来づくりデザイン賞」を受賞しました

高度なセキュリティ

東芝が高度なセキュリティのデータセンターで365日保守・運用管理を行い、データを守ります。
地震や災害などのBCP(事業継続計画)対策にも有効。
TrueLineなら遠隔でメンテナンス、システム管理の人件費やバージョンアップ作業も不要です。

クラウドサービスだから、
初期コストや保守費を大幅に削減

必要なのは、PCとインターネット接続環境、出力機器(プリンタ/プロッタ)のみ。
TrueLineは月額課金制で必要な機能だけを選択できるので、コストを抑えることができます。
導入のご検討も、クラウドサービスであるメリットを活かしトライアルで使い勝手をお試しのうえご判断いただけます。

輸送計画 ICTソリューション TrueLine® を導入したお客様

ダイヤ作成によって関連帳票も自動出力できるので、正確性が大きく向上しました。本社業務のみならず、現場業務の負担軽減にも貢献します。システムの試用では実業務をイメージしやすく、使いやすさを実感。

かねてから切望していたシステム化を実現し、これまで困難だった様々なシミュレーションを実施できる環境が整いました。常に新しい仕組みが継続的に実装されていくクラウドならではのメリットも。

輸送計画 ICTソリューション TrueLine® に関する

ご質問、ご相談、資料請求はこちらから

輸送計画 ICTソリューションは、東芝インフラシステムズ株式会社と東芝デジタルソリューションズ株式会社が協同開発した製品です。
TrueLineは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の登録商標です。 その他、本サイトに掲載の会社の名称や商品の名称はそれぞれ各社が登録商標あるいは商標として使用している場合があります。本資料掲載の内容は予告なく変更する場合があります。