東芝プラントシステム株式会社様 採用事例

省エネ制御のデバイスとして
ZEB化の実証に貢献

事例概要

ZEB化実証の知見を活かして
省エネ建築物支援業務を積極的に展開

ZEB化対応新事務所棟

ZEB化対応新事務所棟

東日本地区のお客様向けに回転機や電気機器の修理や設備点検、工事などの業務を担当する千葉サービスセンターの事務所を建替。
BEMSと連携して高効率なLED照明や空調などを適正に監視・制御する省エネの他、太陽光発電システムによる創エネ、蓄電システムの導入やピークシフトによる蓄エネなどを組み合わせて、建物の一次エネルギー消費量※1を58%削減、創エネ含めると135%削減し、ZEB※2を達成しました。
本実績により、新事務所棟はBELS認証※3を取得するとともに、東芝プラントシステム株式会社様はZEBプランナー※4の認証を取得しました。

※1 空調や換気、給湯、照明、昇降機などのエネルギー消費量の合計値。

※2 ZEB(Net Zero Energy Building)の4段階の定義の1つで、年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)ゼロまたはマイナスの建築物。

※3 建築物省エネルギー性能表示制度。新築・既存を問わず、第三者評価機関が建築物の省エネ性能を評価し、認定する制度。

※4 「ZEB設計ガイドライン」や「ZEBや省エネ建築物を設計するための技術や設計知見」を活用して、一般に向けて広くZEB実現に向けた相談窓口を有し、業務支援(建築設計、設備設計、設計施工、省エネ設計、コンサルティングなど)を行い、その活動を公表する事業者。

オフィスの風景

働く人を検知して、省エネと快適性の両立に貢献

各階のオフィスエリアに設置したSMART EYE SENSOR MULTIにより働く人を検知して、設備機器のきめ細やかな制御に活用することで、省エネと快適性の両立に貢献しています。
照明は、人が離席したスペースでは自動で減光し、さらに一定時間不在の場合は消灯することで、効率的に省エネを図ります。
換気は、在室人数が多い時には積極的に新鮮な外気を取り入れます。

施設情報

システム構成図

所在地
: 千葉県市原市
延床面積
: 462.08m2
建物構造
: 地上3階、塔屋1階
用途
: 事務所
施主
: 東芝プラントシステム株式会社
設計
: 東芝プラントシステム株式会社
施工
: 東芝プラントシステム株式会社
竣工年
: 2019年4月
センサ 台数
: 9台
ゲートウェイ装置 台数
: 1台
今回導入した製品

今回導入したソリューション

SMART EYE SENSOR MULTI

従来センサでは検知が困難だったオフィスワーク中の人の微細な動きを検知可能な多機能人感センサ。人の在/不在やおおよその人数・活動量などを検知し、設備機器の制御に活用して、省エネと快適性の両立を図ります。

採用企業様プロフィール

東芝プラントシステム株式会社様

東芝プラントシステム株式会社様