東芝が社会インフラで培ってきた、設備管理(EAM)システム導入・運用のナレッジを、「設備管理ソリューション」としてご提供します。
コンサルテーションから保守・運用までトータルサービスでお客様の課題を解決いたします。
またDX推進に向けたIoTやAIなどのデジタル技術の活用をご提案します。

設備管理における課題


電力、工場、その他社会インフラなどの設備管理においては、設備の複雑化・高経年化、設備管理業務に携わる人材の高齢化やノウハウ継承不足、保全業務の形骸化など多くの課題を抱える一方で、設備の安定稼動、業務の効率化、保全コストの低減などが求められています。
このような課題に対応するために、設備資産管理のデジタル化、保全業務の働き方の見直しが求められています。

課題から探す


課題解決のヒントがここにあります!

設備保全業務を標準化、
最適化したい

  • 独自に設計した設備保全業務の見直しをしたい。

  • 各種規制・制度に迅速に対応したい。

  • システム導入のリードタイムを短縮したい。

設備保全にかかるコストを
削減したい

  • 保全計画を最適化しコスト削減やリソースの平準化を実現したい。
  • 保全計画を立てるために設備がいつ故障するのかを予測したい。
  • 非効率な修繕、交換作業を減らすことでサステナブルな設備管理を実現したい。

様々なシステムのデータを
一元管理したい

  • 別システムで管理されている何種ものデータを一つにまとめたい。
  • 設備の点検、修繕、更新作業の承認と結果の入力を一つのシステムで実現したい。
  • デジタルデータを使って設備保全業務を変革したい。

設備保全業務を標準化、
最適化したい

  • 独自に設計した設備保全業務の見直しをしたい。

  • 各種規制・制度に迅速に対応したい。

  • システム導入のリードタイムを短縮したい。

設備保全にかかるコストを
削減したい

  • 保全計画を最適化しコスト削減やリソースの平準化を実現したい。
  • 保全計画を立てるために設備がいつ故障するのかを予測したい。
  • 非効率な修繕、交換作業を減らすことでサステナブルな設備管理を実現したい。

様々なシステムのデータを
一元管理したい

  • 別システムで管理されている何種ものデータを一つにまとめたい。
  • 設備の点検、修繕、更新作業の承認と結果の入力を一つのシステムで実現したい。
  • デジタルデータを使って設備保全業務のDX化に対応したい。

※本サイトに記載されている社名、製品名およびシステム名は、各社が商標または登録商標として使用している場合があります。