画像検査ソリューション(外観検査・表面検査)

デジタル技術と光学技術によりスクラッチやキズなどの表面上に発生する欠陥を検出

本ソリューションはフィルム、紙、鉄・非鉄等の産業用素材、 医薬品製造業のお客様のPTP包装工程で発生する錠剤の割れ、錠面異物、異色錠、シート異物、シール不良等等の様々な欠陥をカメラを使用して検査を行う表面検査システムです。
当社は1985年から画像処理検査装置の開発に携わり、さまざまな検査装置の開発経験を保有しております。独自の検査アルゴリズムと照明技術に加え、各種業種ノウハウを生かし、お客様の製品の品質向上を支援いたします。

課題と導入効果

市場が求める品質レベルが高い

  • 検査精度の向上で品質改善

多品種小ロットのため検査条件が複雑で設定頻度が高い

  • 検査条件設定の自動化でオペレータの負担を軽減

バラツキのある良品の検査に熟練者の経験が必要

  • バラツキの自動補正機能による誤検出抑制で歩留まり改善

ニュースリリース

トピックス

2017.04.05
イベント
第8回 高機能フィルム展(東京ビッグサイト) に出展しました。ご来場ありがとうございました。
2016.05.01
記事
第13回映像情報AWARD ウェブ外観検査装置M9200C 銅賞受賞
2016.04.01
記事
『映像インダストリアル4月号 M9200C』に記事が掲載されました。
2016.04.01
記事
『画像ラボ4月号』にPTP外観検査装置の記事が掲載されました。

関連リンク