金属組織試験自動化ソリューション AI等級判定サービスMETALSPECTOR®/AI

官能検査を自動化するために、AIを活用した高精度な画像解析手法を開発し、鋼材メーカー様と評価を進めています。東芝アナリティクス AI 「SATLYS™(サトリス)」を活用し、熟練者の知見を盛り込んだ多様な教師データに基づいて学習したAIが、クラウド上で鋼材品質の結晶粒度の等級判定を行うことで、現場の熟練検査員の目視検査に近い認識精度を実現します。このような “匠(たくみ)の目を再現” した熟練の判定を誰もが利用できる、モデルや、データ、ノウハウの共有に向け クラウドシステムを活用したサービスです。

※本概要図は東芝レビュー 75巻2号p31「AIを活用した鋼の金属組織検査サービスの概要」を基に作成

特長


①匠の知見をAIが学習

 東芝の「ものづくり」の知見と実績を活かしたAI分析サービス「SATLYS」により、ルール化が難しい画像解析を教師データから深層学習することで鋼材の等級判定を実現します。

②均一化

 AIによりばらつきのない判断基準を構築し安定した判定結果を出力します。

③省力化

 従来の目視検査と同等の測定を自動化することで、検査の大幅な時間短縮や省力化が可能になります。