ものづくりIoTソリューション

製造設備の定型操作を後付け装置により自動化
製造データの追加取得によりデジタル化を推進

製造現場では、深刻化する労働力不足に備え、更なる生産性の向上が求められています。解決策の一つが製造設備のオペレーションの自動化です。しかし、旧型の製造設備が数多くあり、作業員によるオペレーションが残存しているのが現実です。
Meister Apps 設備あやつり制御パッケージは、製造設備の改造なしに外部装置を後付けすることで、定型操作の自動化が行えます。さらに、稼働データを操作画面から取得できるため、諦めていた旧型設備のIoT化やリモート監視が可能となります。

特長

ロボットが設備の
繰り返し操作を自動化

繰り返し行う設備の定型操作を自動化し、操作ミスによる稼働ロス削減や省人化に貢献します。

製造設備の改造なしで
後付け導入
*

古い設備でも、改造せずに外付けユニットを設置することで、後付けでの導入が可能です。

* メーカー問わず、入出力信号の条件が合う設備

製造データの取得で
デジタル化に対応

操作履歴や画面の読取結果をデータ化することで、工場のデジタル化を促進できます。

資料ダウンロード

商品カタログのダウンロードができます。

商品リーフレット


Meister Apps 設備あやつり制御パッケージの商品の特長やサービスについてご覧にいただけます。(詳しくは以下をクリック)