GX・カーボンニュートラル
を取り巻く環境

GX・カーボンニュートラルを取り巻く環境

カーボンニュートラル実現に向けた投資の現状

近年、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)への配慮を重視するESG投資が、世界中で注目されており、日本におけるESG投資額も年々増加しています。
先進国政府はカーボンニュートラルを目指し、GXに向けた政策・投資競争が加速、EUでは10年間に官民協調で約140兆円程度の投資実現を目標にした支援策を決定しました。日本においては、今後10年間に官民協調で150兆円を超えるGX投資を実現するため、20兆円のGX経済移行債を発行することとしました。

ESG
運用
資産額

世界

※2015年 から 2021年の変化


日本

※2015年から2021年の変化

諸外国による
GX投資支援(例)

EU

官民のGX投資額 10年間で

※2020年1月14日投資計画公表


米国

政府支援等 10年間で

※2022年8月16日法案成立


ドイツ

政府支援等 2年間を中心

※2020年6月3日経済対策公表


フランス

政府支援等 2年間で

※2020年9月3日経済対策公表


英国

政府支援等 8年間で

※2021年10月19日戦略公表


脱炭素経営による企業価値の向上

気候変動対策をとりまく投資に強く影響するのは、企業の脱炭素経営による企業価値向上です。
現在、グローバル企業を中心に、気候変動に対応した経営戦略の開示(TCFD)や、脱炭素に向けた目標設定(SBT、RE100)が国際的に拡大し、投資家判断等を通じ企業価値向上につながっています。
脱炭素経営は、取引先(サプライヤー/顧客)とのエンゲージメント目標の共有等により、ビジネスチャンスの拡大に寄与します。

情報開示の枠組み

気候変動に関するリスクと機会の財務に関する影響を開示

賛同機関数 注1
グローバル4,638
(うち日本1,389)機関

情報開示の枠組み

CDPは英国のNGOであり、グローバルな環境情報の開示システムを運営
CDP質問書への回答を基に企業をスコアリング、結果をフィードバック

回答企業数 注2
グローバル18,636
(うち日本1,056)社

再生可能エネルギー転換

RE100

企業が事業活動において使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的なイニシアティブ

参加企業数 注1
グローバル412
(うち日本81)社

CO2削減目標設定

温室効果ガス削減目標を設定することを支援し、適合していると認められる企業に対してSBT認定を与える

認定企業数 注1
グローバル2,986
(うち日本515)社

企業が投資を呼び込むためには、上記の国際的なイニシアチブに準拠した情報開示を行うことが重要

注1 出典:環境省「脱炭素経営に向けた取組の広がり」(443KB)(2023年6月30日時点)
注2 出典:CDP「Companies scores: The A List 2022


カーボンニュートラルへの対応が遅れる企業のリスク


カーボンニュートラルへの取り組みが進んでいない企業は、投資リスクだけでなく、さまざまなリスクに直面する可能性があります。リスクを短期的、中期的、長期的な視点で説明します。これらのリスクは、企業が持続可能性と環境に配慮したビジネスモデルに移行しない場合に生じる可能性があるものであり、今後ますます重要性を増していくでしょう。

短期的
リスク

資金調達コスト増

:気候変動への対策が不⼗分との認識により、投資の引き揚げや、ESG投資・グリーンファイナンスの機会喪失などを招き、財務コストが上昇する

環境評価・ブランド

︓国際的な情報開⽰ルールに対応していないとして、環境評価・ブランドが低下

訴訟

︓重要な情報の報告義務を怠ったとして、株主等から訴訟を受ける(例︓豪コモンウェルス銀⾏)


中期的
リスク

規制

︓情報開⽰ルールや会計基準に対応していないとして、企業評価・競争⼒が低下、政府より罰則を被るなどを招く
(⽇本ではコーポレートガバナンス・コード改訂、欧州では複数国で法制化の動き)


長期的
リスク

経営自体の脆弱化

︓気候変動の不確実性に対応できず、機会を喪失する・リスクを被るなどして、企業の⻑期的な存続が危ぶまれる

導入事例

東芝のGXサービスを実際に導入いただいた企業様の事例をご紹介します。
カーボンニュートラルの課題をどのように解決したのか、ご担当者様にお伺いしました。

関連ソリューション

GXコンサルティング

投資・費用を抑制し実行に繋がる、ロードマップの策定・具体化等の上流工程からソリューション提供まで、カーボンニュートラルを実現するワンストップのご支援が可能です。

省エネソリューション
(FEMS/製造現場最適化)

デジタル技術を使って、生産部と動力部やライン間などの様々なプロセス間を連携させてエネルギーを管理する方法を使えば、「省エネを得意とする」企業においても、ベンダーフリーで更なる省エネの機会を見つけることができます。

熱・電気・CO2排出量可視化
・シミュレーションサービス

Scope1/2の熱・電気・CO2排出量を可視化してカーボンニュートラル施策立案をサポート。現在の設備において運用を工夫することで、使用する燃料やCO2排出量を抑制したり、設備の変更や増築で最も効果的な運用の提案を行います。

再生可能エネルギー供給

お客様のご要望に合わせ、様々な調達手段の中から相応しい再生可能エネルギーを提案します。
また発電を希望されるお客様に対しては、精度の高い発電量予測とSaaSサービスを活用して、再生可能エネルギーを束ね、複雑なバランシング責務を代行しマーケットリスクの回避に貢献します。

サプライチェーン全体の
CO2見える化

自社のCO2排出量のみえる化だけでなく、サプライヤーまで巻き込んだScope3対策のためにバリューチェーンの全体把握とサプライヤーの支援を両立します。

カーボンニュートラル関連ソリューション

カーボンニュートラル実現に向けた将来の技術など、GXソリューションに関する情報を集めています。

  • このページの画像はすべてイメージです。
  • その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。