東芝のGXコンサルティング

(GX = グリーントランスフォーメーション)

客観的な外部シナリオに基づく定量的なロードマップを
提示し、投資計画から主観的な判断を減らす

東芝のGXコンサルティング

(GX = グリーントランスフォーメーション)

客観的な外部環境シナリオに基づく定量的なロードマップを
提示し、投資計画から主観的な判断を減らす

東芝のGXコンサルティングの特長

膨大な国内外のデータをもとにした「客観的な外部シナリオ」に基づき、自社の財務状況を踏まえたカーボンニュートラル実現までの「定量的なロードマップ策定」と、それらを確実に実行するための「持続可能な実行施策」を提供いたします。
これらはステークホルダーの賛同を得やすいため、カーボンニュートラルへの投資判断の根拠としてもご利用いただくことが可能です。

また具体的な施策実行には、東芝が長年培ってきた「エネルギー事業」「社会インフラ事業」「ビルソリューション事業」等の製品・知見を踏まえた提案が可能です。

カーボンニュートラルを実現するための、計画立案から施策実行のソリューション提供まで、ワンストップでの支援が可能です。

コンサルティングは3つのポイントで構成されます


東芝のGXコンサルティングサービス 進め方


現状のカーボンニュートラル取り組みレベルを、国内外数十社以上のベストプラクティスに基づく診断表をもとに診断し、最も経済合理性の高い施策を組み込んだロードマップを作成/アップデートします。

東芝事例:カーボンニュートラルプランニングの取り組み概要


東芝グループのGHG削減目標と掲げていた課題


東芝では削減目標を設定したものの、計画への落とし込みで課題感があり、検討を加速させるためにアクセンチュア社と共同実践しています。
東芝自身を対象として、カーボンニュートラルに向けた課題を抽出した上で、将来の不確実性も踏まえながら経営インパクトを評価して、KGI目標と目標達成に向けた活動方針の策定と意思決定を実施しています。


カーボンニュートラル取り組みレベル診断


「A.経営における脱炭素の取り組みの位置づけ」、「B. 削減目標と実現ロードマップの策定状況」、「C. 継続的にGHG削減のPDCAが回る仕組みの構築状況」の観点から、カーボンニュートラル取り組みレベルを可視化して、課題を抽出します。


GHG排出の将来コスト推計


自社排出のGHGを、電力と、電力以外に分けて算出します。

再生可能エネルギー価値証書の価格は再生可能エネルギー需給のシナリオを置いて算出します。

2020年度の排出量


GHG排出コスト単価(成り行きシナリオ)


将来コスト ※(成り行きシナリオ)


現実的な成り行きシナリオに加えて、再生可能エネルギー不足/再生可能エネルギー余剰のシナリオで再生可能エネルギー価値証書の将来価格を推定します。


シナリオ毎の財務インパクト検証(C/F、P/L)


シナリオ分析にもとづいて財務インパクトを検証することで、全て証書で相殺する旧目標案よりも、「実際の排出量削減」にむけて踏み込む新目標案の方が、長期の財務インパクトは軽減されることが定量的に立証され、取り組みを方向転換しました。

累積キャッシュアウト


足元でのキャッシュアウトを受容してでも再エネ・省エネに投資する方が、将来的な証書・クレジットの高騰を見据えた場合にはキャッシュフローが改善する結果に

各年のP/L影響


再エネ・省エネ投資により購入電力量等(費用)を抑制できるため、将来的にはPL上の費用減(利益増)効果がある

  • 東芝事例の場合。イラストはイメージです

再エネ調達における累積キャッシュアウトの改善効果を簡易試算できます。


ロードマップへの落とし込み


事業部で施策検討が不十分であれば、本社が検討を支援しながら、いつまでに・どの手段で・どれぐらい削減するのかを明確化します。


削減目標の設定


社会的な責務とされつつある水準(パリ協定目標水準:SBT(Science Based Targets)1.5℃)を満たす目標を設定します。


投資評価へICPの組み込み


定量的な根拠に基づいたICP(インターナルカーボンプライシング)設定方法と運用方法を提案いたします。
ICP導入により、ロジカルなカーボンニュートラルへの投資判断の仕組みを構築することで、主観的にならない正しい経営判断につなげることができます

東芝が投資評価にICP(インターナルカーボンプライシング)を導入する目的・仕組み

長年のGHG排出コスト上昇を見通し、全カンパニーが同じ基準で投資評価するための仕組みを整備


社内のカーボンニュートラルへの意識向上・実行を促すために


事業部の削減意欲を向上させるため、非財務項目の業績評価への組み込み方法を議論しています。

インセンティブ設計

排出削減の投資は、短期的には財務マイナス影響なので、目標を達成したカンパニーは業績評価に加点

【個人評価への組み込み】
評価の組み込み方は各社で異なるものの、大手企業を中心に導入が広がりつつあります。


先行拠点の実行計画づくり


自社の組織に合わせた実効性のあるロードマップへの落とし込みが重要です。
東芝の場合は、先行拠点を選定し、そこへ集中的にリソースを投じる「モデル事業所」手法を採用しました。

東芝における事業部の巻き込みプラン

削減難易度が高い領域までやり切る必要があるため、コーポレート主導の成功例を横展開(ショーケース化)

導入事例

東芝のGXサービスを実際に導入いただいた企業様の事例をご紹介します。
カーボンニュートラルの課題をどのように解決したのか、ご担当者様にお伺いしました。

関連ソリューション

省エネソリューション
(FEMS/製造現場最適化)

デジタル技術を使って、生産部と動力部やライン間などの様々なプロセス間を連携させてエネルギーを管理する方法を使えば、「省エネを得意とする」企業においても、ベンダーフリーで更なる省エネの機会を見つけることができます。

熱・電気・CO2排出量可視化 ・シミュレーションサービス

Scope1/2の熱・電気・CO2排出量を可視化してカーボンニュートラル施策立案をサポート。現在の設備において運用を工夫することで、使用する燃料やCO2排出量を抑制したり、設備の変更や増築で最も効果的な運用の提案を行います。

再生可能エネルギー供給

お客様のご要望に合わせ、様々な調達手段の中から相応しい再生可能エネルギーを提案します。
また発電を希望されるお客様に対しては、精度の高い発電量予測とSaaSサービスを活用して、再生可能エネルギーを束ね、複雑なバランシング責務を代行しマーケットリスクの回避に貢献します。

サプライチェーン全体の
CO2見える化

自社のCO2排出量のみえる化だけでなく、サプライヤーまで巻き込んだScope3対策のためにバリューチェーンの全体把握とサプライヤーの支援を両立します。

カーボンニュートラル関連ソリューション

カーボンニュートラル実現に向けた将来の技術など、GXソリューションに関する情報を集めています。

  • このページの画像はすべてイメージです。
  • その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Accenture and its logo are trademarks of Accenture.
    アクセンチュアとそのロゴはアクセンチュアの商標です。