SCiB™電池システムの搭載により、クリーンで安心安全な鉄道運行

世界規模で進む地球温暖化対策のひとつとして、ディーゼル機関車の電動化への注目が高まっています。
SCiB™なら、限られた架線区間で効率よく充電することができ、
非架線区間では停車時に発生する回生電力を有効に活用することが可能です。
また、高い耐久性と安全性が求められる緊急時の非常走行用電源としても最適です。

安全性・信頼性の確保

運用コストの削減

CO2排出量の削減

非架線区間でも電気走行が可能

これまではディーゼル機関車を用いて走行していた非架線区間。SCiB™なら、急速充電により架線区間が短くても
充電が可能、減速時に発生する回生電力も効率的に活用できるため、非架線区間をバッテリーのみで走行することが可能になります。


電源喪失等の緊急時も安心

電源喪失時等の予備動力として、電池を搭載する車両が増えています。
SCiB™は、電池の劣化が少なく、安全性・信頼性が高いため緊急時に備えた予備電源に適しています。


導入事例


適した電池のご紹介