小形電池でIoTインフラ整備を支援

IoT社会では、電源配線や電池交換を極力行わずに、あらゆるモノをネットワークに繋げたい。
そのようなニーズに小形の電源供給デバイスが必要です。
コンデンサに迫る高入出力密度、長寿命、低温下での稼働など優れた特性を有する安全な二次電池を、
例えば、エナジーハーベスティング技術と組み合わせてみませんか。

IoT対応製品の
拡大

小型化・ワイヤレス化等
製品価値の向上

安全な運用

超小型な二次電池でIoTインフラ整備を支援

SCiB™の技術を応用して開発した「小形リチウムイオン二次電池」は
ニチコン株式会社「SLBシリーズ」のホームページをご覧下さい。

このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。