設備・機器メーカー向けアセットIoTクラウドサービス

新型コロナに打ち勝つ! リモート監視でフィールドエンジニアの感染リスク対策を

新型コロナウィルスの蔓延は、設備を納入した現場で保守業務を行うフィールドエンジニアの作業にも大きな影響を与えました。
フィールドサービスを行う設備メーカーのコロナウイルス対策として、デジタル技術を活用したサービス事業の改革が急がれています。

コロナ禍におけるフィールドエンジニアが直面した新たな課題


設備現場の入場制限 点検作業員の立入禁止 (医療現場など)→設備メンテナンス延期
移動制限 他県や他国へ行けない
故障した製品を修理センターに送付できない
出動制限 在宅勤務・テレワーク
疑わしい症状がある場合の勤務停止
3密回避 複数人での訪問が困難
作業者間の距離の確保
安全対策 手洗い・うがい・マスク
工具消毒・換気・検温
サプライチェーン寸断 海外からの部材調達停滞による保守部品・在庫・消耗品不足

入場・移動・出動制限により現場での目視確認ができない状況下、
設備メーカーがエンジニアの安全を確保しながら如何にメンテナンス業務を
継続し、ユーザへ安全な設備の運転を提供できるかが問われています

フィールドエンジニアの安全確保とメンテナンス業務継続には、
非接触を実現するデジタル技術の活用が不可欠

設備・機器メーカー向けアセットIoTクラウドサービス Meister Remote X™は、
装置・機器の稼働データを集め蓄積し、
リモート監視を可能にするソリューションです

IoT技術によるリモート監視システムの導入は、
フィールドエンジニアの現地への移動現場作業時間を削減し、
感染リスクを抑制します

リモート監視によって実現する新型コロナ対策


1. 現地への移動の削減

  • 現場に行かず、装置・機器の稼働状態を正確に把握
  • 顧客とモニタリング画面を共有し、トラブルをリモート解決

2. 現場対応の極小化・非接触化

  • 要因を推定し、事前に作業計画を立てて訪問が可能
  • 必要な保守部品なども事前に推定

3. 保守部品や消耗品の供給リスク軽減

  • 収集データで故障予兆の分析に活用
  • 常時モニタリングできるため消耗品の使用量を把握