省エネソリューション

(FEMS/製造現場最適化)

熱効率改善、動力部・生産部の最適運用を実現する
当社ノウハウを活かした施策をご提供

省エネソリューション

(FEMS/製造現場最適化)

熱効率改善、動力部・生産部の最適運用を実現する
当社ノウハウを活かした施策をご提供

東芝の特長

大手発電事業者に、デジタル技術も活用しながら徹底的に磨き込んできたタービン/ボイラの熱効率改善や、動力部・生産部を連携したエネルギー利用の最適化ノウハウなどを通じ、お客様の事業環境・状況を見極め、動力部・生産部を連携したエネルギーマネジメント技術により、運用高度化や設備更新/改修などのカーボンニュートラル施策をご提案します。

動力部と生産部をデジタル技術の活用で連携し全体最適化を実現


動力部のエネルギーを最適化
電力系統や他社電源と接続することでエネルギーマッチングを行い、余剰エネルギーの活用もサポートします。

工場の生産設備のオペレーションを最適化
生産のための動力の使用計画と供給能力をバランスよく管理することでエネルギー効率を向上させます。

生産ラインや施設環境設備のデータを収集し見える化・分析・改善のプロセスに活かします

エネルギーマネジメントシステム 全体像

動力部・生産部のエネルギーリソースを見える化し、気象データや運転データを含む様々なデータを分析、収集したデータをもとに需要を予測し、エネルギー最適運用計画を立案、提供します。

熱・電気・CO2排出量可視化・シミュレーションサービス

設備への投資、導入前に工場、生産ラインをモデル化して、工場や事業所の熱・電気・CO2排出量を可視化し、各種の設備制限事項を加味しながら全体最適な運用を実現するためのシミュレーションサービスもございます。


東芝グループ内事業所への適応


東芝グループ内の事業所にて、ボイラデータや設備稼働状況のデータからエネルギー供給の過剰度合いを把握・最適化をはかるなど、動力部と生産部のシステム連携を推進しています。

TOSHIBA SPINEX for Energy

「燃料費削減」、「既存設備の稼働率向上」、「災害リスク低減」、「脱炭素化(RE100)の実現」などの幅広い社会インフラ事業者のニーズに対し、エネルギーマネジメントや熱効率改善など、インフラに関するデジタルサービスで応えます。

Meister OperateX

運転・保守の知見より開発したアセット統合データ基盤を搭載する、工場・プラント施設管理向けクラウドサービスです。一連の設備の稼働データを監視・活用することで、オペレーターの日常業務の効率化と、異常の予兆を早期に捉えたメンテナンスが可能になります。また、生産のための動力の使用計画と供給能力をバランスよく管理することでエネルギー効率を向上させます。

導入事例

東芝のGXサービスを実際に導入いただいた企業様の事例をご紹介します。
カーボンニュートラルの課題をどのように解決したのか、ご担当者様にお伺いしました。

関連ソリューション

GXコンサルティング

投資・費用を抑制し実行に繋がる、ロードマップの策定・具体化等の上流工程からソリューション提供まで、カーボンニュートラルを実現するワンストップのご支援が可能です。

熱・電気・CO2排出量可視化 ・シミュレーションサービス

Scope1/2の熱・電気・CO2排出量を可視化してカーボンニュートラル施策立案をサポート。現在の設備において運用を工夫することで、使用する燃料やCO2排出量を抑制したり、設備の変更や増築で最も効果的な運用の提案を行います。

再生可能エネルギー供給

お客様のご要望に合わせ、様々な調達手段の中から相応しい再生可能エネルギーを提案します。
また発電を希望されるお客様に対しては、精度の高い発電量予測とSaaSサービスを活用して、再生可能エネルギーを束ね、複雑なバランシング責務を代行しマーケットリスクの回避に貢献します。

サプライチェーン全体の
CO2見える化

自社のCO2排出量のみえる化だけでなく、サプライヤーまで巻き込んだScope3対策のためにバリューチェーンの全体把握とサプライヤーの支援を両立します。

カーボンニュートラル関連ソリューション

カーボンニュートラル実現に向けた将来の技術など、GXソリューションに関する情報を集めています。

  • このページの画像はすべてイメージです。
  • その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。