導入事例・ユースケース

SQBM+を活用して、社会課題の解決を目指す取り組みをご紹介します。

TOSHIBA OPEN SESSIONS 2023 アーカイブ

(2024年11月まで期間限定公開中)

日本を強くする量子コンピューティングプラットフォーム戦略​
~量子・古典ハイブリッドコンピューティング環境をシームレスに使いこなす~​

近年、量子コンピューターやイジングマシンなどの次世代アクセラレータが登場しており、現実世界の実問題を解くデータサイエンティストやアプリケーションプログラマーにとって、既存の数理最適化ソルバーも含めてより多くの選択肢から最適な方式を選べる時代になります。本セッションでは、日本発で統合的な量子プラットフォームを実現させる戦略を語り合います。

講演時間:約42分

共創事例カタログ(PDF)

高速高頻度取引

計算創薬

工場シフト最適化

Optimal Feature Selection

Hybrid Clustering

倉庫管理最適化