教育・人材育成

内定後から⼊社・配属まで、サポート

学⽣から社会⼈へ、「プロ」としての第⼀歩を踏み出す導⼊研修、営業研修、技術研修と、しっかりと勉強してから現場に配属されます。 配属後は、新⼊社員⼀⼈ひとりに、メンター(先輩社員)がつき、育成を担当します。 現場で⽬にするもの、⽿にすること、全てが実地でできる勉強です。「教えてもらう」のではなく、「学ぶ姿勢」を忘れずに。 ここからが「プロ」としての本当のスタートです。

内定後の研修スケジュールのイメージ
拡大マーク

新入社員の声

  • 4月では、東芝の歴史や社会人の基礎、5月からの教育ではITに関する知識をたくさん習得できる研修だったので基盤ができたうえで配属されて安心。
  • 自分から吸収しに行く姿勢で過ごすと、大いに学ぶことができる。特にCEP* は東芝グループのさまざまな人と交流でき、大企業ならでは。
  • しっかりとした教育を受けられるが、実務に活かせるかは本人次第。
  • 1から社会人の準備をすることができ有意義な時間であった。
  • 同期と仲良くなり、今も切磋琢磨している。
  • CEP:Corporate Entry Program 東芝及び東芝グループ(一部)に入社した大学卒以上の新入社員教育
新入社員教育のイメージ後輩へのメッセージのイメージ

人間力と専門力を磨くキャリアに応じたプログラムを揃えています。

共通研修や役割認識研修などを提供しています。節⽬には実践に即した育成テーマを定め、指導担当者が指導やアドバイスを⾏う「ワー クアサイメント(WA)」プログラムを実施しています。
さらに、専⾨研修として現在の担当業務と今後のキャリアに基づき、職種ごとに、各⾃のレベルに合わせたカリキュラムを提供しています。

共通研修のイメージ
拡大マーク

時代を先取りしたデジタル⼈材育成のカリキュラム

さまざまな育成プログラムを⼀つひとつ確実に登りつめ、スキルを⾝につけます。 また、座学だけではなくワークショップ形式のカリキュラムをたくさん実践することにより、ビジネス創造のためのスキルとマインドの両⾯を育成します。

カリキュラムのイメージ
拡大マーク