事業紹介

東芝の事業は機能別で見ると「デバイス・プロダクト」「インフラシステム」「インフラサービス」 「データサービス」の4つの事業を柱として、持続可能な社会の実現に取り組んでいます

東芝のデジタルソリューション事業を担う企業として、お客さまやパートナーのみなさまと共に、新たな価値を創造するデジタルトランスフォーメーションを推進し、豊かな社会の実現を目指しています。
東芝グループが培ってきたさまざまな産業分野や社会インフラの現場での知見と、デジタル技術を融合し、グローバルな視点で持続可能な社会の実現に貢献していきます。

4分類のイメージ
デジタルソリューション事業領域のイメージ

東芝のAI・デジタル技術に、幅広い事業ドメインの経験・知識を結集

現実やモノなどのフィジカルの世界と、デジタル仮想空間であるサイバーの世界が相互に連携し、生活や産業の発展に役立つ新しい価値を創造するサイバー・フィジカル・システム(CPS)の世界が鍵となります。
このCPSの実現に向けて東芝グループの強みである「顧客基盤となる事業ドメイン資産」と「ものづくりと使われ方のノウハウ」に、当社が有する「ICTノウハウ」を組み合わせ東芝グループの総合力でCPSを構築し、新たなサービスや価値の共創に取り組み、世界有数のCPSテクノロジー企業への進化を目指しています。

サイバーフィジカルのイメージ

※画像をクリックすると動画が再生されます。

※CPS(Cyber Physical Systems)とは
実世界(フィジカル)におけるデータを収集し、サイバーの世界でAI・デジタル技術などを用いて分析したり、
活用しやすい情報や知識とし、それをフィジカル側にフィードバックすることで、付加価値を創造する仕組み

東芝のCPS技術を支える2つのAI

東芝で長年にわたって研究開発を続けてきたAI技術を、アナリティクスAI「SATLYS(サトリス)」とコミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」として提供し、ものづくりで磨いたデータ分析力と画像・音声技術を生かし、業務の最適化や新たなビジネスモデルの創出に貢献します。

サトリスリカイアスのイメージ
関わる課題のイメージ
解決しますのイメージ
解決しますのイメージ
東芝のAIのイメージ

(株式会社 東芝)

さまざまなソリューションで課題を解決

東芝グループは140年以上にわたり、ものづくりの現場から、エネルギー、公共インフラ、鉄道・産業システム、ビル・施設、流通などさまざまな領域で事業を展開してきました。当社は、これらの領域で培ってきた幅広い経験やノウハウと、IoTや人工知能(AI)など先進のデジタル技術を融合し、さまざまなインダストリー領域の企業や官公庁・自治体のお客さまへ向けて、デジタルソリューションをグローバルに提供しています。
また、東芝グループの情報システム構築や運用も手掛けており、社内外で培ったノウハウや経験を展開していくことで、東芝グループの事業を支えるとともに、お客さまのビジネスや社会に貢献しています。
東芝の幅広い事業領域の知見とデジタル技術を生かし、グローバル社会でデジタルトランスフォーメーションをリードします。

課題解決のイメージ
製造業向けのイメージ 物流ソリューション向けのイメージ 金融機関向けのイメージ
共通業務ソリューションのイメージ
人財管理のイメージ CRMのイメージ
メディア業界向けのイメージ インフラ向けのイメージ 自治体向けのイメージ
共通業務ソリューションのイメージ 共通業務ソリューションのイメージ
DXのイメージ
ニューノーマルのイメージ