• 設計図書整合性チェックシステム
設計図書整合性チェックシステム
FAQ

システム構成・利用イメージ

クライアント・サーバ構成を基本としています。PCスタンドアロンでのご利用も可能です。
サーバに教師データ、クライアントにプログラムを保有します。*1
既存の設計図書情報から抽出した教師データを蓄積していくことでAIによる判断の精度が向上します。

*1:クライアント・サーバ構成の場合。

動作環境

サーバ


教師データ共有用に利用(ファイルサーバとして利用)

CPU インテルXeonプロセッサー推奨
メモリ 16GB以上
HDD 約100GB(工事件数による)
OS Windows Server

※スペックの詳細は別途お問い合わせください。

PC


CPU Intel Corei5以上
メモリ 8GB以上
HDD 読み込む図面データ量の2倍以上
OS Windows10

※PCスタンドアロンでのご利用も可能です。

動作環境について

  • Windows以外のOSでは、動作しません。
  • Microsoft Excelが必要になります。

運用・保守について

  • 問い合わせ対応は、メールにより保守センターが対応します。
  • 教師データの更新にあたり、サーバから教師元データを取り出し、保守センターで教師データの作成を行い、フィードバックします。