ものづくりIoTソリューション

機能

◆学習ツール

画面上で学習用画像を入力し、パラメータ設定を行うことで良品モデルを作成します

◆良否判定エンジン

良品モデルと検査対象画像を比較し、良品か不良品かの判定を行います

◆画像前処理

検査対象画像の位置補正などの前処理を行います

◆カメラI/F

カメラから撮影した検査対象画像を受け取り画像前処理に渡します

◆判定結果表示画面

良否判定のリアルタイムの結果と、過去の結果を表示する画面です

上記機能のソフトウェアをパッケージにした、サブスクリプション型年間ライセンスでのご提供となります

※ソフトウェア以外のカメラや照明などのハードウェアはパッケージに含みません(個別見積)