商品名変更のお知らせ

CylancePROTECT、CylanceOPTICSは、BlackBerry Limited社によるCylance社買収を受け、それぞれBlackBerry Protect、BlackBerry Opticsに商品名が変更されました。

次世代マルウェア対策ソフトウェア
BlackBerry Protect

BlackBerry Protect とは


BlackBerry Protectは、AI(人工知能)技術を活用し、未知の脅威にも対応した次世代マルウェア対策ソフトウェア(アンチウイルスソフトウェア)です。検知した脅威は、PCなどエンドポイントデバイス上で実行前にブロックすることができるため、ランサムウェアのようなマルウェアにも有効です。
東芝セキュリティソリューションズでは、2016年6月よりBlackBerry Protectの自社導入を開始し、現在も全社規模で運用を行っています。その知見を活かし、お客様に代わってBlackBerry Protectの運用を行うサービスを併せてご提供します。

BlackBerry Protectの特長

  • AI(人工知能)により機械学習されたデータモデルで、99%の高い脅威検知率を実現(BlackBerry社公表値)
  • 検知した脅威はエンドポイントデバイス上で実行前にブロック。ランサムウェアのようなマルウェアも防御
  • パターンファイルやシグニチャを持たず定時スキャンが不要。エンドポイントデバイスでの軽い動作を実現
  • モバイル環境やインターネット接続のないエンドポイントデバイスでも検知可能
  • 管理機能がクラウドで提供されるため、オンプレミスの管理サーバーが不要となり、運用管理コストを低減

BlackBerry Protectの仕組み

BlackBerry(ブラックベリー)社では、専門家により選定された悪いファイル/良いファイル各5億個を人工知能システムINFINITYに機械学習させたデータモデルを生成します。このデータモデルを核にしたものが、BlackBerry Protectのエンドポイントエージェントです。
BlackBerry Protectは、侵入したファイルに対して約700万点に及ぶ特徴点での高速解析が行われ、脅威度を判定します。解析の結果、有害なファイルを検知した場合は、エンドポイントでの実行をブロックします。
このような仕組みにより、既知のマルウェアのみでなく、従来のマルウェア対策製品では検知が難しかった未知マルウェアまで高い精度で検知・防御でき、エンドポイントの安全性を高めます。

トピックス

2020.11.18
お知らせ
BlackBerry Limited社によるCylance社買収を受けた商品名変更に対応しました。CylancePROTECTはBlackBerry Protectに、CylanceOPTICSは BlackBerry Opticsにそれぞれ変更されます。
2020.03.25
お知らせ
インターネットとの接続が難しい端末に対する管理ソリューションCylanceHYBIDとCylanceON-PREMのページを追加しました。

カタログ

資料ダウンロード

次世代マルウェア対策ソフトウェアのご案内資料をダウンロードいただけます。

ぜひ当社セキュリティソリューション担当にご相談ください。

※ BLACKBERRY とエンブレム デザインおよびその他の商標は、BlackBerry Limited の商標または登録商標で、使用には許可が必要です。また、当該商標に対する独占的権利は明確に留保されています。
※ Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 本内容に表記されている表現は2020年11月18日現在のものです。