<ユースケース> 作業員を待ち時間から開放し多能工化を推進

従来の操作では、製造設備に加工対象物のロットをセットし、加工条件の選択や設定のダウンロードなどを行う必要があり、30秒の拘束時間が発生していました。設備あやつり制御適用後は、数ステップの操作を行えば残りの操作はロボットが代行するため、拘束時間が3秒に減りました。


地震発生時の自動停止


データ化/デジタル化