CPSとは、実世界(フィジカル)におけるデータを収集し、サイバー世界でデジタル技術などを用いて分析したり、活用しやすい情報や知識とし、それをフィジカル側にフィードバックすることで、付加価値を創造する仕組みです。

サイバー技術とフィジカル技術の融合が新たな世界を創る

東芝のCPSテクノロジーが新たなビジネス価値を創出

幅広い産業分野で培ってきた知見と、デジタル領域の先進技術を融合


既にCPS分野での新たな技術開発およびサービス開発を進めています。

※出典:「東芝Nextプラン」
*1 BIM (Building Infomation Modeling) :3次元の建物のデジタルモデルに、管理情報などの属性情報を追加した建築物のデータベース
*2 製造業における主な品質変動要因として、人(Man)・測定(Measurement)・材料(Material)・機械(Machine)及び環境(Environment)の頭文字をとったもの

高い評価を得ているAI技術を強みとし、デジタルの先端領域を切り拓く


実績のある多数のAI技術群をコアに、デジタルの先端領域で新たなサービスを展開します。

※出典:「東芝Nextプラン」
*1 https://www.global.toshiba/jp/technology/corporate/rdc/rd/topics/17/1706-04.html 
*2 https://www.global.toshiba/jp/news/corporate/2017/11/pr0801.html (2017年度/東京電力ホールディングス株式会社主催)
*3 Viet Pham, et al.,“BiSeg:Simultaneous Instance Segmentaition and Semantic Segmentation with Fully Convolutional Networks,” 28th British Machine Vision conference, 2017.
*4 柴田他,“Person Re-identificationによる複数カメラ間人物移動軌跡算出システム,“画像の認識・理解シンポジウム, 2017.

東芝IoTリファレンスアーキテクチャーに準拠した
インダストリアルIoTサービス
TOSHIBA SPINEX

東芝レビュー Vol.76 No.5(2021年9月) 
特集:CPSカンパニーへの変革を加速する
マネージドサービスへの取り組み

お問い合わせ

CPSの技術やサービス、導入のご検討やソリューションに
ついてなど、お気軽にお問い合わせください。