企業ブランド広告

「世界を、止めるな。」篇

世界に立ちはだかる様々な課題に、技術の力で立ち向かう東芝の企業姿勢、社員一人ひとりの想いを、宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」と共に表現しています。

企業ブランド広告で紹介した事業

メイキング

空と山と街が一望でき、かつ世界とつながっていることを想起させるロケーションで、「雨ニモマケズ」を朗読する有村さん。カメラを長回しして、彼女の魅力的なカットを切り取っていく手法で撮影を行いました。

インタビュー

CM撮影の感想、有村さんの「〇〇ニモ負ケズ」とは?など、インタビューしてみました。

グラフィック

タイアップ記事

「東芝と養命酒で偶然同じ詩を起用?「雨ニモマケズ」CM制作の裏側」
(日経クロストレンド ネイティブSpecialに掲載になったものです。)

技術シリーズ広告

東芝グループは、培ってきた発想力と技術力を結集し、
複雑化・深刻化する社会課題解決に立ち向かいます。
日々の暮らしを支える東芝の様々な技術をシリーズでご紹介します。

マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ

ゲリラ豪雨を早期に検知し、避難誘導などに役立つ技術です。

重粒子線がん治療技術

がん細胞をピンポイントで攻撃し、身体への負担をなるべく減らすがん治療の技術です。

東芝 新卒採用情報

新しい未来を始動させる。

世界をより良い場所にかえていく。
モノづくりを大切にしてきた東芝が、デジタル技術をかけ合わせ、新たな一歩を踏み出します。
それは、無限に広がる可能性への挑戦。
情熱あるあなたのエントリーをお待ちしています。

東芝はインフラサービスカンパニーへ

東芝は、「インフラシステム」の構築、高度なインフラを実現する「デバイス・プロダクト」、インフラを長期的に維持管理する「インフラサービス」、ならびに、インフラサービスなどから生み出されるデータを収集・分析し、新たな価値を創造する「データサービス」の4つの機能を融合させ、社会課題の解決に取り組みます。

 

「人と、地球の、明日のために。」
東芝は、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

CEATEC 2020 ONLINE

東芝は「CEATEC 2020 ONLINE」に出展しました。

出展概要ページでは、「インフラサービスカンパニー」として社会課題解決に貢献する東芝グループの目指す姿や、有望新規技術・ソリューションをご紹介しています。