拠点による活動
Activities by Production / Business Sites Worldwide

アジア(フィリピン)/Asia (Philippines)

東芝情報機器フィリピン社
TOSHIBA INFORMATION EQUIPMENT (PHILIPPINES), INC.

活動タイトル/Activity Title

社外活動:
Off-Site Activities:

  1. マニラ湾につながる河川の保全活動
    Adopt-an-Estero
  2. アンガット流域での植樹活動
    Tree Planting at Angat Watershed
  3. マングローブの植樹
    Mangrove Planting
  4. ウミガメの放流活動
    Turtle Hatchlings Release
  5. 「ラ・メサ流域を守ろう」植樹活動
    Tree Growing Campaign for Save the La Mesa Watershed

社内活動:
On-Site Activities:

  1. TIP(東芝情報機器フィリピン社;以下同様)生物多様性パーク
    TIP (Toshiba Information Equipment (Philippines), Inc.; same applies below) Biodiversity Park
  2. TIP内の生物相の記録
    Species Addition
  3. 未来を緑化する 5000
    Greening the Future: 5000
  4. グリーン比率
    Green Ratio
  5. コンサルタント・専門家による生物多様性評価
    Biodiversity Assessment with Consultants and Experts

活動概要/Overview of Activity

各項目と写真の見出しの数字は「活動タイトル」の見出しの数字に対応しています(ページによっては数字が無い場合があります)
The number in front of each activity item and photo is in line with the number in 'Activity Title' (some pages do not have numbers)

社外活動:
Off-Site Activities:

  1. マニラ湾につながる河川の状態を改善することを目的としています。TIPはカビテ州カウィットのイムス川を保全活動の拠点にしました。この活動では、職員への資材の提供、啓発活動、海岸や道路の清掃などを行いました。活動終了時には、合計1.62トンの廃棄物が回収されました。
    An estero or river that is connected to Manila Bay is "adopted" by TIP, with the goal to improve the water body's condition. This year, TIP adopted the Imus River at Kawit, Cavite. The activity involved donation of materials for the personnel, awareness campaigns, and coastal and roadside clean-up. By the end of the actvity, a total of 1.62 tons of waste were collected.
  2. アンガット流域には、マニラ首都圏に水を供給するアンガットダムがあります。TIPは1ヘクタールの土地を担当し、1,000本の固有の木(ナラ、パロサピス、グイジョ)を植えました。TIPの従業員、大学関係者、政府関係者、フィリピン軍など83名が参加しました。
    Angat Watershed contains the Angat Dam which supplies water for Metro Manila's needs. TIP adopted one (1) hectare of land, and planted 1,000 endemic trees (Narra, Palosapis, and Guijo). 83 people composed of TIP employees, university staff, government staff, and the philippine army participated.
  3. ブラカン州立大学の協力を得て、ブラカン州マロロスでリゾフォラのマングローブの苗木を1,200本植樹しました。合計78人が参加しました。
    With partnerships from Bulacan State University, TIP planted 1,200 Rhizophora mangrove propagules at Malolos, Bulacan. A total of 78 people participated.
  4. カビテ州の政府団体とウミガメの放流活動のスタッフと協力し、70匹のウミガメの子ガメを海に放ちました。放流後には海岸の清掃を行い、ウミガメの重要性について現地で講義を行いました。
    70 sea turtle hatchlings were released to the sea with the cooperation of Cavite Local Government Unit, and the hatchery staff. After the release of turtles, a coastal clean-up was conducted and on-site lecture on the importance of turtles.
  5. バンタイ カリカッサン (ABS-CBN リングコット カパミリヤ財団法人)に100,000.00ペソを寄付し、2ヘクタールに及ぶ固有の森の木の植樹とメンテナンスを行いました。コミットメントの一部として、環境天然資源省(DENR)の検証を受けて90%の生存率を達成しています。
    Donated PHP 100,000.00 to Bantay Kalikasan (ABS-CBN Lingkod Kapamilya Foundation, Inc.) for the planting and maintenance of endemic forest trees spanning 2 hectares of the area. Part of the commitment is a 90% survival rate with validation from the Department of Environment and Natural Resources (DENR).

社内活動:
On-Site Activities:

  1. TIPの敷地内には、バイオパーク(生物多様性公園)があります。ここでは、さまざまな種類の植物があるのが特色です。バイオパーク内には、小規模なバタフライハウスがあり、毎日さまざまな種類の蝶が訪れます。従業員はいつでも自由に見学することができます。
    Within the landscapes of LTI and CIP site premises, a Biodiversity Park or "Biopark" is maintained. It features a wide range of flora species, grouped to each type. Within the Biopark, a small-scale Butterfly house could be observed where different species of butterflies visit daily. Employees are welcome to visit any time of the day.
  2. TIPでは、敷地内に植えられた植物種の数と、訪問が確認された動物種の数を記録しています。62種の植物が植えられ、22種の動物が訪れたことを確認しました。
    TIP maintains a record of the number of flora species planted within its sites, and fauna species observed to visit. 62 flora species are planted, and 22 fauna species were observed to visit.
  3. TIPは、環境に貢献することを目的に、毎年5,000本の植樹を目指しています。外部の植樹活動や誓約とは別に、敷地内でも木を植えています。2020年度は、5,010本の木を植林しました。
    TIP aims to contribute 5,000 trees to the environment each year. Aside from external tree planting activities and pledges, trees are planted within its sites. For FY2020, 5,010 trees have been contributed by TIP.
  4. 従業員の健康的な環境と生物多様性を提供するためには、敷地の総床面積の20%を緑地とすることが良いとされています( 参考文献*)。TIPは、すべてのサイトで緑の比率の増加を目指しています。2020年度末時点でのTIPの状況は次の通りです。(1)LTI事業所=18.73% (2)アネックス事業所=18.32% (3)CIP事業所=18.65%。
    *ダラス(2012). アジア太平洋地域における産業エコロジー開発と生物多様性:ビジネス施設ガイドラインと景観エコロジー
    Reference* suggests that 20% of the total floor area of the site must be green spaces to provide a healthy environment for its workers and biodiversity. TIP aims for this green ratio in all of its sites. The following is TIP status as of the end of FY2020: (a) LTI Site = 18.73% (b) Annex Site = 18.32% (c) CIP Site = 18.65%.
    *Dallas (2012). Industrial Ecology Development and Biodiversity in Asia and the Pacific: Business Facility Guidelines and Landscape Ecology
  5. TIPは毎年、専門家と協力して、TIPの生物多様性への貢献度を包括的に評価しています。これには、種のインベントリー、炭素貯留可能性(CSP)、工場ベースの生物多様性保全を実現するための景観の推奨などが含まれます。
    Yearly, TIP collaborates with experts to conduct a comprehensive assessment of TIP's biodiversity contributions. This includes species inventory, Carbon Sequestration Potential (CSP), and landscaping recommendations to achieve a factory-based biodiversity conservation.

社外活動1. /Off-Site Activity 1.

イメージ
Orientation on Solid Waste and Clean Water
イメージ
Weighing/recording of collected materials
イメージ
Recognition of Attendees;
Donation of Food/Materials
イメージイメージ
Clean-up of Road-side;
Recyclable waste were segregated and Reusable Soil put into sacks for use inside Toshiba and Barangay Residents as Garden Soil and Filling materials;
社外活動2./Off-Site Activity 2.
イメージ
社外活動3./Off-Site Activity 3.
イメージ
社外活動4./Off-Site Activity 4.
イメージ
社内活動1./On-Site Activity 1.
イメージイメージ
社内活動2./On-Site Activity 2.
イメージ
社内活動4./On-Site Activity 4.
イメージ

愛知目標対応状況/Correspondence to Aichi Biodiversity Targets

目標① 普及啓発目標① 普及啓発
Target 1: Raising awareness
目標② 戦略・計画への組み込み目標② 戦略・計画への組み込み
Target 2: Incorporating targets into strategies and plans
目標④ 持続可能な生産目標④ 持続可能な生産
Target 4: Sustainable production
目標⑤ 生息地破壊の抑止目標⑤ 生息地破壊の抑止
Target 5: Reducing habitat loss
目標⑧ 化学汚染の抑制目標⑧ 化学汚染の抑制
Target 8: Reducing chemical pollution
目標⑨ 外来種の防除目標⑨ 外来種の防除
Target 9: Controlling alien species
目標⑪ 保護地域の保全目標⑪ 保護地域の保全
Target 11: Conserving protected areas
目標⑫ 種の保全目標⑫ 種の保全
Target 12: Conserving endangered species
目標⑭ 生態系サービス維持・管理目標⑭ 生態系サービス維持・管理
Target 14: Maintaining and improving ecosystem services
目標⑲ 知識・技術の向上と普及目標⑲ 知識・技術の向上と普及
Target 19: Improving and spreading knowledge and technology

※ 拠点として取り組んでいる全ての生物多様性保全活動を評価対象としています。
* Assessment of all biodiversity conservation activities implemented by the site.

東芝グループにおける目標別活動例