ニュースリリース

ビッグデータ・IoT向けデータベース「GridDB®」、エンタープライズ機能を
強化した「GridDB® Enterprise Edition 4.5」の販売を開始

2020年10月20日(火)

東芝デジタルソリューションズ株式会社

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:島田 太郎、以下 当社)は、高頻度で大量に発生するIoTデータやビッグデータの管理に適したデータベース「GridDB®」の機能強化版として、エンタープライズ機能を強化したGridDB Enterprise Edition 4.5の提供を本日から開始します。

 GridDB Enterprise Edition 4.5では、通信の暗号化やユーザー認証などのセキュリティ機能を強化するとともに、統合運用管理ツールや運用コマンドなどの運用管理機能を強化しました。また、従来2つあった商品体系を1つに統合しました(下表)。

 さらに、1ライセンスでカバーできるサーバの構成を小さくしました。これにより、従来と比較し小さな構成かつ低価格で運用を開始することが可能になるとともに、データ量の増大に合わせて細かくライセンスを追加することが可能となり、費用対効果を向上させることができます。

 当社は今後も、IoTやビッグデータによるデジタルトランスフォーメーションやサイバーフィジカルシステムを支えるデータベースとしてGridDBを強化してまいります。

商品体系の統合の表

このページのトップへ

ビッグデータ・IoT向けデータベース「GridDB」について

 産業や社会を支える多種多様なシステムを構築・運用してきた知見・実績を基に、当社が開発したスケールアウト型データベースです。 膨大な時系列データを効率よく蓄積し、高い性能をスケーラブルに発揮できます。IoTやビッグデータに適した「時系列データ指向」「ペタバイト級の高い処理能力」「高い信頼性と柔軟な拡張性」「開発の俊敏性と使いやすさ」を特長としています。

GridDB商品情報サイト
https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/griddb/
GridDB オープンソース公開サイト
https://github.com/griddb別ウィンドウで開きます
GridDB開発者向けサイト
https://griddb.net/別ウィンドウで開きます

  • 注1 NoSQL(Not Only SQL):伝統的なリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) とは異なリ、柔軟な一貫性概念と分散処理能力を重視したデータベース管理システムの総称
  • 注2 SQL(Structured Query Language):RDBMSで利用されるデータの定義や操作を行うデータベース言語
  • *GridDBは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本における登録商標です。

以上