プライバシーステートメント

PRIVACY STATEMENT
PRIVACY STATEMENT

東芝データ株式会社は、プライバシーに関わる情報保護の実現に向けた取り組みの基本方針を定め、
プライバシーステートメントとして、ここに公表いたします。

「人と、地球の、明日のために。」

人と、その生活から生み出され続ける様々なデータ。そのデータを価値ある形に変え、
企業などの枠を超えた社会で共有し、また人々の生活に還元させていくこと。

そして、その先にある、個人のデータを安心してつなげられる社会を実現すること。
それが東芝データの存在意義です。

私たちは、様々な社会インフラを支える東芝グループのセキュリティ技術とノウハウの
基盤を通じて、 人が生みだすデータから、より豊かな未来を創造していきます。

 

※「人と、地球の、明日のために。」は東芝グループ経営理念です。

企業ではなく人を中心に考えた、信頼できるデータ社会の確立

人から生まれるデータの権利は、本来その人自身にあり、
決して自らの意思に反した利用をされてはならない。
そう東芝データは考えます。

データが独占されることなく、公正に活用できる社会へ向かって。
私たちはまず、分散している自分のデータを他とつなぐかどうか、その人自身が判断、
コントロールできる仕組みを実現します。
そして、自分のデータがどこでどのように利用されるのか、徹底して透明性を担保することで、
より信頼できるデータ社会の確立に貢献していきます。

プライバシーにかかわる、情報保護の実現

私たちは、個人情報保護に関する法令の遵守はもちろん、プライバシーを含む
個人の権利・利益にかかわる情報を適切に取り扱うため、厳格なポリシーを定めて遵守します。

また、外部専門家の幅広い意見なども踏まえながらプライバシーの保護を実現し、
社会の変化に対応する継続的なポリシーの整備改善を行っていきます。

東芝データは、信頼性の高いサービスと最先端の技術で様々な社会課題の解決に貢献し、
社会から求められる企業として成長しながら、持続可能な社会を実現していきます。

 

東芝データは、このステートメントに基づいてデータを取得・利用し、また第三者からプライバシーに関わるデータを受領・利用することをお約束します。
このステートメントは東芝データが提供するサービスやアプリケーションにおいても同様に適用されます。