パワフル発電の東芝

太陽電池モジュール Sシリーズ(360W・265W) ※販売終了

360W・265W太陽電池モジュール

変換効率とは、太陽電池モジュールが太陽光をどのくらい電力に変換できるかを表した数値です。
限られたスペースに太陽電池モジュールを設置した場合、変換効率が高いほど、たくさん発電します。

ポイント1

バックコンタクト方式

高い発電効率
「バックコンタクト方式」を採用。

モジュールの表面にある電極は、太陽光をさえぎる障害となります。そこで東芝は表面から電極をなくし、すべて裏面に設計する「バックコンタクト(裏面接続)方式」を採用。P型電極とN型電極を交互に配置し、電極が混在する部分の面積を増やしています。これにより、電子のやりとりがスムーズになり高い発電効率を実現しています。

ポイント1 ポイント1

バックコンタクト方式により、

朝や夕方のわずかな光でも発電に活かします。

Sシリーズのモジュールは、朝や夕方、雨天時など日射量の少ないときでも、
優れた出力特性※6によって、エネルギーを生み出すことができます。

東芝モジュールにおける電流電圧特性

さらに、暑さに強い発電性能

気温の高い地域や夏の高温下では、太陽電池モジュールの変換効率は温度上昇によって低下します。
しかし、新Sシリーズは、従来型Sシリーズに比べて、さらに暑さに強いつくりになっています。

従来機種との比較グラフ

高温高湿試験8000時間の出力低下は10%以下※6

Sシリーズでは、IEC認証基準1000時間を大幅に超えた、8000時間にも及ぶ高温高湿試験を実施。8000時間後も出力低下率10%以下という、長期信頼に応える結果を出しています。

Sシリーズの出力低下率グラフ

ポイント2

太陽の光を有効利用

太陽の光有効利用
「ARコート※7」「反射防止膜」「反射膜」を採用。

反射による光の損失を最小限に抑えるため「ARコート※7(反射低減コート)」を採用。
それに加え、セル表面に「反射防止膜」を設け、セルにしっかり太陽の光を取り込むことを可能にしています。
さらに裏面にある「反射膜」のミラー効果により、光の発電効率を増大させています。

太陽の光を有効利用 太陽の光を有効利用

ポイント3

2020年のモジュール変換効率の技術達成目標を、現時点で達成。

実用モジュールのモジュール変換効率の技術達成目標は、2020年に「20%」とされています。 東芝のSシリーズ360W、265W、250Wモジュールは、すでにこの目標を達成しています。

2020年のモジュール変換効率の技術達成目標を、現時点で達成。

※1 〈Sシリーズ〉SPR-X22-360と〈パワーコンディショナ〉TPV-PCS0400Cの組み合わせについて、総合変換効率21.3%。一般の市場に商品として流通している量産レベル(実験レベルは除く)の住宅用太陽光発電システムにおける当社調べ。2018年12月1日現在。

※2 SPR-X22-360について。一般の市場に商品として流通している量産レベル(実験レベルは除く)の住宅用太陽光発電システムにおける当社調べ。2018年12月1日現在。

※3 公称最大出力であり、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/㎡、モジュール温度25℃での値です。

※4 モジュールの変換効率はモジュール公称最大出力[W]×100/(モジュール面積[平方メートル]×1000[W/平方メートル])の計算式から算出しています。

※5 〈Sシリーズ〉SPR-X22-360、SPR-X21-265、SPR-E20-250のシステムが対象です。長期保証にはお申込みが必要です。(販売店にお問い合わせください)

※6 太陽電池モジュールの変換効率、出力特性、出力低下率の値は当社測定データに基づくものであり、実際の使用における性能を保証するものではありません。

※7 Anti-Reflective Coated:ARコートはガラス表面の屈折率を下げ、反射損失を抑えます。

※8 2014年度当社従来機種VシリーズLPV-200E-BLK-JとSシリーズSPR-X22-360との比較。

●太陽電池モジュール毎の色味が異なる場合があります。

●画像はイメージです。

東芝住宅用太陽光発電システム ご相談センター<受付時間>9:00~17:00(祝日、年末年始を除く)
東芝住宅用太陽光発電システム ご相談センター<受付時間>9:00~17:00(祝日、年末年始を除く)
個人・法人のお客様窓口 03-5352-7657
販売店様・施工店様他の窓口 03-5352-7623