取引先調査

サプライヤ情報収集の手段として取引先調査を利用します。

バイヤー視点から必要となるサプライヤ情報を一元的に管理し、情報の収集・管理・参照機能をご提供します。

取引先調査のシステム導入による効果のポイントは、主に下記3点となります。サプライヤに関するデータ収集を効率化し、精度および鮮度の向上、データの活用を促進します。

精度の高い取引先データを効率良く入手/メンテナンス

グループ内でのグローバルな一括管理

取引先のデータを日常の調達業務で有効活用

取引先調査
  • サプライヤとのパートナーシップ構築のために、サプライヤ情報を一元管理し、様々な観点で検索・取得が可能
  • 効率的な取引先調査実現のために、各種調査項目の標準テンプレートをご提供、また独自の調査項目をパラメータにより設定可能
  • 取引先調査情報の全社共通化のために、全社標準と事業場個別の調査項目の統合管理が可能
  • サプライヤ情報の鮮度を保つために、既存システムとの連携も可能
  • 災害発生時の調達リスク最小化に備え、サプライチェーン情報の収集・管理が可能
  • 災害発生時の影響を迅速に把握するために、位置情報などによる対象サプライヤの洗い出しと地図表示による災害影響状況の表示が可能
  • サプライチェーン情報、災害影響度について、バイヤによるExcel一括登録、サプライヤによるWeb直接入力が可能

バイヤー視点から必要となるサプライヤ情報を一元的に管理し、情報の収集・管理・参照機能をご提供します。