導入効果

未返却器材を特定

届け先ごとに器材の受け払いをトレースすることで、未返却器材の特定が可能。運用負荷の軽減、器材追加購入コストを削減します。

停留・偏在器材を発見

使われずに眠っている器材や、適正量を超えて器材を保持している拠点が一目でわかるため最適な器材の配置が可能。運用負荷の軽減、器材追加購入コストを削減します。

誤積載を防止

出荷予定にない貨物の積み込みを検知した場合のランプ点灯等、作業品質改善にも活用できます。

具体的な活用シーン

Before

現場での器材の台帳管理は作業負荷が高い

  • 手書きによる記入漏れやミス発生
  • 記入担当者の確保が必要

After

RFID一括スキャンにより、作業負荷をかけずにリアルタイムかつ正確な器材管理を実現

  • 記入漏れやミスの心配なし
  • システム入力不要なので記入担当者の確保も不要

Before

出荷の際の器材不足や、出荷後に器材の所在が分からなくなることがある

  • 器材の所在や余剰器材の把握が難しい
  • 無駄な器材の購入などのコストが発生

After

器材の所在や移動履歴を見える化し、全国の拠点からリアルタイムに閲覧可能

  • 器材の所在を拠点ごとに正確にトレース
  • 計画的な器材運用が可能となり、無駄なコストを削減