開催概要

TVCM

歴史

芸術文化支援「第34回 東芝グランドコンサート2015」
学生招待レポート

音楽を志す若者たちを招待


東芝では、芸術文化支援活動の一環として、1982年より毎年、海外の著名な指揮者・オーケストラを招いて豪華なソリストとの共演を実現する「東芝グランドコンサート」を主要都市で開催してきました。

34回目を迎える今年は、19世紀初頭から音楽の歴史を刻むフランスの名門「トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団」を音楽監督トゥガン・ソヒエフとともに招聘。ソリストには、近年ますます評価を高めているフランス人ヴァイオリニスト、ルノー・カプソンと第16回ショパン国際コンクール(2010年)で優勝を果たしたロシア出身のピアニスト、ユリアンナ・アヴデーエワを迎え、2月20日(金)から3月3日(火)まで、全国8都市で色鮮やかな音色と重厚な響きをお届けしました。

また、今年は2月20日(金)大阪公演、2月22日(日)仙台公演、2月23日(月)福岡公演、2月25日(水)石川公演、2月28日(土)名古屋公演、3月1日(日)仙台公演、3月2日(月)川崎公演の7公演において、地元の中学・高校・大学から音楽を志す若者たち813名を招待し、コンサートを鑑賞していただきました。